太陽光発電所ネットワーク(NPO法人)がまとめた結果によると

住宅に設置された太陽光発電装置の約3割が

設置後12年以内に故障しているという

独自の調査結果をまとめた。

一部メーカーでは同装置の寿命を20年とうたっているが、

設置後短期間で発電量が低下するケースも

明らかになった。太陽電池は国や自治体の

補助金制度に加え、電力会社による余剰電力の

買い取り制度も始まっており、

メーカーによる保守態勢の強化が求められる。

PR