岐阜県郡上市の複合商業施設「クックラひるがの」に「環境対応マルチエネルギーシステム」を設置したと新日本石油は発表しました。

環境対応マルチエネルギーシステムは、太陽光発電、燃料電池、ガスコージェネレーション、蓄電池で構成し、消費電力量に応じて各機器の発電や充放電をコントロールする。
新日本石油が開
発した創エネモニターシステムにより、電力やお湯の使用状況が店内のモニター画面に表示され、エネルギーを“見える化”した。

エネルギーの見える化.gif


通常は、発電した電気を店内設備の一部(タワーホール)や電気自動車用充電器に供給し、不足した場合、系統電源で補い、余剰となった場合、蓄電池に充電す
る仕組みで、クリーンエネルギーを最大限有効活用する。燃料電池とガスコージェネレーションで作られたお湯は、足湯や融雪に利用される。

系統電源の停電時は、自立運転に切り替わり、蓄電池、太陽光発電、燃料電池が作動して必要最小限の電気とお湯を供給する。

PR