太陽電池は、半導体の一種であり、太陽のエネルギーを直接電気エネルギーに
変換するものです。
半導体が光を受けると内部に電子エネルギーが与えられ電流が起きる性質を
利用したものです。
発電のしくみ.jpg


半導体はそれぞれ電気的性質の異なるN型シリコンとP型シリコンがあり、この
2つをつなぎ合わせた構造になっています。
太陽電池に光が当たると、その光エネルギーは太陽電池内に吸収され
これにプラスとマイナスを持った粒子(正孔と電子)が生まれ、マイナスの電気は
N型シリコン側へ、プラスの電気はP型シリコン側に多く集まります。
このため、太陽電池の表面と裏面につけた電極に電球やモータをつなぐと
電流が流れます。これが太陽電池の原理です。

PR