太陽光発電システムの発電量の特長

太陽光発電システムは、天気の悪い時(曇り・雨)でも

発電量が少なくなりますが発電しています。

晴れの日を100%とすると曇りの日で40%の発電、

雨の日でも10%の発電しています。

びっくりですね・・・

発電量が落ちるかといっても設置されたご自宅で電気が

使えなくなることはありません。発電量が少ない時、

足りない電気は電力会社から買いますので日常生活には

影響がないです(自動で行いますので、操作は特別にありません)。