太陽光発電 用語集 太陽光発電促進付加 [たいようこうはつでんそくしんふか]

太陽光発電促進付加とは、2009年11月1日より開始された

「太陽光発電の新たな買取制度」で、太陽光発電による余剰電力の買取額を

1kwhあたり24円から1kwhあたり48円の倍額とするために、

すべての電気利用者が電気料金の一部として支払う追加負担のこと。

「太陽光サーチャージ」は通称で、正式には「太陽光発電促進付加金」

と呼ばれます。