太陽光発電 用語集 有機薄膜太陽電池 [ゆうきはくまくたいようでんち]

有機薄膜太陽電池とは、従来の太陽電池は太陽電池モジュールの

材料として、高価なシリコン系の材料を採用してきたのに対して、

非シリコン系の安価な材料を使う太陽電池です。

有機薄膜太陽電池のメリットは、半導体製品の需要が上昇して、

シリコンが品不足

かつ価格上昇しているのにたいして、はるかに安価な材料で

かつ品不足の心配をする必要が減少する点です。

一方、有機薄膜を使用したデメリットは、発電効率がシリコン系に比べると劣る点です。

シリコン系の太陽電池が20%前後に対して、非シリコン系は10%未満と低効率です。

但し、経済的生産コスト(初期費用)は圧倒的に有利である為

メリットが大きいと考えている開発者もいます。