太陽光発電 用語集 エネルギー変換効率 [えねるぎーへんかんこうりつ]

エネルギー変換効率とは、各エネルギー形態から異なるエネルギー形態へ
変換した場合に有効なエネルギー量の率の事です。

エネルギー変換効率を具体的にあげると、ソーラーパネルは、
太陽光である光エネルギーを電気エネルギーへと変換します。
光エネルギー100/電気エネルギー40(生産量)×100%
の場合、エネルギー変換効率は40%と表します。

エネルギー源から変換し、最終的な形態へ変換した場合の効率を表しています。
エネルギーには、光、熱、電気、風などがあります。
効率が高いほど、変換前のエネルギーを有効に利用していることになります。