太陽光発電 用語集 ソーラーパネル [そーらーぱねる]

ソーラーパネルとは、光起電力効果を利用し、光エネルギーを直接電力に変換
する電力機器であり、太陽光発電をするシステムの一つ。

太陽光をシリコンなどの光から電気へ変換す物質(主流のシリコン太陽電池の
他、様々な化合物半導体などを素材)を埋め込んだ非稼働の半導体素子
板状に
並べたもの。

 ソーラーパネルのメーカーとしては、住宅、企業用にはパナソニック、京セラ
 シャープ、サンヨー、三菱、東芝、などがあります。
 最近では、新築時にソーラーパパネルを設置する家庭が増えてきています。

費用対効果の面では、一般住宅では投資の回収までに15~30年を
要しており、
導入する場合も国などの補助金に頼るケースが大半。
但し、増産体制が整えば、
ソーラーパネルをはじめソーラーシステムの
生産コストも抑制されるため、環境にも優しい
期待の発電システムです。

 ソーラー発電の仕組み自体は、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの
発生を伴わないこと
。また、ソーラー発電システムには可動部が無いため、
システム寿命が非常に
長くなることなどから、非常にエコな仕組みとして
期待されています。