太陽光発電 用語集 固定価格買取制度 [こていかいとりせいど]

固定価格買取制度とは、電力会社に対し、自然エネルギーから作った電力を

一定期間(10年から20年)、有利な固定価格で全量買い取ることを法律で

義務付け自然エネルギーの利用拡大を図る制度の事です。

このことにより、太陽光発電などを設置した家庭や事業者は、

発電装置の設置にかかる費用を早く回収でき、採算性の見通しが

立てやすくなります。