太陽光発電 用語集 切妻屋根 [きりずまやね]

切妻屋根とは、屋根形状のひとつで、屋根の最頂部の棟から地上に向かって

二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根であるとともに、

1つの面も大きいことから、太陽光発電パネルの設置には比較的向いています。

建築物の平面形状が四角形の場合、切妻屋根を用いると2面だけで屋根が構成される

シンプルな屋根形状である。したがってローコストで雨漏りの

心配が少ない屋根形状といえる。

また、豪雪地帯においては、屋根の上に雪が積もりにくいため、

雪の重量による倒壊の危険が小さいという利点も併せ持つ。