楽天の三木谷社長が2011年8月4日に太陽光発電システムの販売を表明
楽天太陽光発電システム

楽天の三木谷社長は「伝送効率100%の家庭用の太陽光発電システムは、大型の発電所よりも効率が良い」との理由で参入を決断。

楽天が参入するメリットは・・・
設備費用を2年~3年で回収できる価格を設定!

2011年時点での設備費用の回収年数が約15年なので驚きの話題であることは間違いない。


資金の貸付や金融サービスなどを活用し、現在の1軒あたりの平均価格300万円に対し、3分の1の100万円を切る水準を目指すらしい。

現在、太陽光発電システムの購入を検討している人は、楽天の価格設定を見守ってもいいだろう

PR