サンヨーのHITは独自のハイブリット構造

サンヨーsanyo_hit_01.jpgののHITは太陽電池セル界面の欠陥領域の発電ロスを

抑え「高出力」を実現しています。

結晶系基盤と、p型およびn型アモルファスシリコン層の間に

不純物を添加させないi型アモルファスシリコン層を形成する

事で、界面特性の向上を図り、発電ロスを減らす事が可能になった。

2010年7月からパナソニックがOEMとしてサンヨーの太陽電池モジュールを

採用している。

PR