新築へ新築への導入ラッシュが続く日本国内事情
新築の太陽光発電システム設置太陽光発電システムは、かつて「カネ持ちの道楽」と言われていたが、今は急激に価格が下がり
国内の累計導入戸数は80万世帯(2010年度)までに達した。

あるハウスメーカーの営業担当者の話で「新築なら太陽光パネルを導入しないと金銭的に損をする」言う

その理由として、新築には既築にはありえない次のメリットがある。


<新築時に設置するメリット>
・太陽光発電システムを設置する為の家設計をしている為、発電効率が良い

・露出配線が無い為見た目が良い

・足場の設置や電気工事費用が建築費用に含んでいる為ムダな費用が不要

・大手住宅メーカーなら、メーカーより全国一括仕入をする為、太陽光パネルの本体費用が破格値である。

PR