■消費税増税前に太陽光発電を安く契約する方法について

2012年8月10日に決まった社、通称「社会保障・税一体改革関連法」が成立し、費税が、2014年4月1日からは8%、2015年10月1日から10%になることが決まっています。
これは景気状況を見て停止もありうるそうですが、日銀は5月22日の金融政策決定会合にて、景気は「持ち直しつつある」としています。
増税になれば、もちろん太陽光発電システムを購入する金額もえます。
 
たとえば、太陽光発電システムを200万円のものを購入する際、現在の税込210万円から8%では216万円、10%では220万円になるのです。
太陽光発電のように高額なものであれば、現在の消費税率が5%のうちに購入するべきです。
■現状の消費税率5%で契約をするための方法には 
太陽光 消費税増税 購入
 
原則として、適用される消費税率は引き渡し時のものになります。
2014年4月以降完工&引き渡し予定になると、契約金などの前渡し金にも8%の消費税がついてしまいます。
しかし、住宅やオーダーメイド製品のように、依頼して作業をする「請負契約」の場合、例外の措置が設けられています。

それを「経過措置」と言います。

 
「経過措置」とは、増税の半年前につまり2013年10月1日までに契約が成立していれば、引き渡しが4月以降でも旧消費税率
つまり5%で購入できるという措置です。
契約から引き渡しまで、時間がかかり、増税日をまたいでしまうような場合には嬉しいです。
↓消費税増税前に、急いで太陽光の見積をするならコチラ↓
  約1分で見積もりが完了です。