太陽光発電協会(JPEA)は、「第2回 PV施工技術者認定試験」についての詳細を発表した。
第2回PV施工技術者認定試験の開催情報

験日時は平成25年8月25日(日)14:00~15:40(試験時間100分)、受験料は12,600円(税込)。札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市の全国8都市の会場で実施予定。申し込み受付期限は平成25年7月16日(火)17:00までで、この期日内でも各会場の定員に達した時点で、受付を終了する。
試験方法はマークシートによる5肢択一形式50問。認定試験の結果、一定水準以上の知識を有すると認めた者をJPEAが「PV施工技術者」として認定し、認定証を交付する。
受験資格は以下のいずれかを満たすことが条件となっている。
各メーカー別の施工IDを取得していること(但し、屋根への設置に関する”実技実習”受講を受けていない場合は対象外)
J-cot(日本塗装技術協会)平成23年度「住宅用太陽光発電システムに係る施工研修」を修了していること(実技実習が含まれない平成21年度、平成22年度のJ-cot施工研修の修了者は対象外)
あらかじめ太陽光発電協会からの認証を受けた研修機関(JPEA認証研修機関)で、同協会が認証した研修を修了していること
JPEA認証研修機関としては、ウイズミー、エコリンクス、フォトボルテック、京セラソーラーコーポレーションの4社が認証されており、本制度に基づく認証研修を実施している。
JPEAは、住宅用太陽光発電システムの施工における一定水準の品質の確保・向上を目的に、「PV施工技術者」を認定する「PV施工技術者制度」を創設。今回の認定試験は、第2回目として実施される。
第2回PV施工技術者認定試験 詳細ページ
http://www.jpea.gr.jp/jcot.html
PR