J-PECは2012年度の住宅用太陽光発電システムに対する国の補助金の概要を発表
太陽光 JPEC補助金額は、2011年度(平成23年度)の1キロワットあたり4万8000円から、1キロワットあたりのシステム価格によって2段階で単価が異なる方式になる。具体的には、1キロワットあたりのシステム価格が55万円以下のものが3万円/kW、同47万5000円以下のものが3万5000円/kWとなる。システム価格の低い方が補助金単価が高くなっているのは、システムの低価格化を促すためと思われる。

補助金の対象となるのは、これまで「太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値が10kW未満」としていたものから、補助対象システムの出力上限の考え方が変更となり、「太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値、またはパワーコンディショナの定格出力の合計値のいずれかが、10kW未満であること」とパワーコンディショナの定格出力の合計値の条件が加わっている。たとえば、これまでは太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値が11kWとなった場合、住宅用補助金の対象外となっていたが、2012年度ではパワーコンディショナの定格出力の合計値が9kWであれば、補助金の対象となることになった(実際の工事ではこのような案件がある)。