家庭用太陽光発電システムの補助金の申請などは自分の住んでいる自治体で受けられます。しかし、すべての自治体で必ず補助を受けることが出来るというわけではありません。

自治体によって、補助金の金額がバラバラですので、家庭用太陽光の設置を検討している方はまず自分の住んでいる自治体でどのくらいの補助金を受けることが出来るのかを確認しておく必要があります。
また、補助金の申請期間や申し込みの条件なども確認しておく必要があります。

■オススメサイト(外部サイト)
全国の補助金がわかる(パナソニック)
各自治体が実施する住宅用太陽光発電普及のための補助金一覧(環境ビジネス)



最近では太陽光の買取価格も下落しており、また当然ですが、太陽光発電を設置するためにはある程度の資金が必要ですので、家庭用太陽光発電を設置する前に、どのくらいの補助金を受けることが出来るのかは必ず確認しておく必要があります。
補助金を受けることが出来るのか、出来ないのかでも太陽光発電の初期費用を回収するまでの期間も変わってきます。

太陽光発電システムの補助金の対象エリア

補助金の対象エリアもそれぞれです。インターネットなどからだと自分が住んでいる都道府県ごとに補助金の金額や対象エリアを検索することが出来ます。補助金の金額や対象エリアはそれぞれ自治体によって違うので、対象のエリアなのか対象のエリアではないのかなども事前に確認しておく必要がありますよ。

太陽光発電システムの補助内容について

太陽光の家庭用における補助の内容は自治体によってそれぞれ違います。また、同じ自治体にある業者に施工してもらうと受けられる補助金が多くなるというところもあります。ほとんどの自治体で受けられる補助金の上限が決められています。補助の内容については、必ず各自治体の内容を確認しておきましょう。金額などにどうしても目がいきがちですが、しっかりと補助金を受けるための条件などを満たしているのかどうかもチェックが必要です。各都道県のホームページや、各自治体のホームページなどでも案内されている場合が多いです。