太陽光の設置を義務付けれらた期間は17年間
太陽光設置した住宅を売却する場合

補助金を受けた太陽光発電システムは、法定耐用年数である17年間は補助事業者(申請者)が保持、理することが定められているため、処分することができません。

もし、J-PECから補助金を受けた住宅を、補助金受給から17年以内に売却場合は、補助金を返還しないとダメです。
結構知らない人もいるのでは・・・
補助金に係る財産処分等の承認基準(pdf)