太陽光発電を導入するにあたり、知ってい頂きたい導入デメリットについて
説明します。
新聞やテレビ・雑誌では、良いことばかり取り上げられますが、必ずしも
正しい訳ではありません。その点をまとめました。

【太陽光発電の導入デメリット】
・光が当たったときだけしか発電しません。
(=発電量は天候に左右されます。もちろん夜は発電しません)

・現状では、太陽光発電システムは高価で、火力発電や原子力発電に比べて
電気代(コスト)が高くつきます。
(=設備投資を回収するの時間がかかります。)

・広い設置面積を必要します。
(=日本の平均的な1軒当たりの電気量をまかなうには30㎡~40㎡が必要です。)