ソーラーフロンティアの住宅用の太陽光発電で人気のあるのが、SF175-Sです。こちらは公称最大出力が175Wとなっています。
太陽光パネルの価格を調べてみるとインターネットなどでは1枚あたり14,000~18,000円前後で売られているものが多いです。
これをkWあたりに換算すると260,000~300,000円くらいで取引されている場合が多いです。設置する場合には複数の業者から見積りを取るとよいでしょう。



ソーラーフロンティア太陽光の特徴

ソーラーフロンティア太陽光の大きな特徴としてはやはり、影などに強いという点があげられます。太陽光発電にとって影の影響はとても重要です。せっかく太陽光パネルを設置してもそこに木や建物などの影が入ってしまうと全体の発電量も下がってしまいます。

そうすると当初予定していた売電収入が減ってしまうなどの弊害が起こります。

つまり、太陽光発電にとって影に強い太陽光パネルは非常に重要です。発電量をしっかりと確保したいと考えているのであれば、影に強いソーラーフロンティアの太陽光パネルはたいへんおすすめです。

太陽光パネルの色がブラックでカッコイイ

ソーラーフロンティアの太陽光パネルの最大の特徴は色です。
ブラックなので、見た目がとても印象的であり遠くから見ても美しいのが特徴です。また、かっこいいという人も多くいます。
家に設置した印象も良くなります。

ソーラーフロンティア太陽光パネルのクチコミ

ソーラーフロンティアで、一番多いクチコミはやはり発電量に関するものが多いです。最初の予想よりも発電量が多く、発電量に満足しているというクチコミが非常に多かったです。特徴のところでもあげたように、影に強いので、色々な環境で使えるという点も発電量に満足している人が多い要因のひとつです。

また、なぜソーラーフロンティアを選んだのか?はやはり見た目のブラックがかっこいいから選んだというクチコミも多く見られました。やはりせっかく太陽光を設置するのなら見た目がかっこいいものを選びたいと考えている人が多いようです。