三菱電機の太陽光発電システムは「最長20年のサポート」と「高性能パワーコンディショナ」が人気で多くのユーザーの導入の決め手なっているようです。
では詳しくご説明します。



三菱住宅用太陽光発電システムの人気太陽光パネル

三菱太陽光パネルの主力商品はPV-MA2450です。こちらは、公称最大出力が245W。セル実効変換効率20.0%と優れています。希望小売価格は税別で102,900円となっています。ハーフモジュールではPV-MA1200MHがあります。こちらは、公称最大出力が120W。セル実効変換効率19.6%となっています。

希望小売価格は税別で55,200円となっています。三菱太陽光パネルを屋根に設置する場合にはこのように通常の長方形モジュールだけではなくハーフモジュールや台形モジュールなどを組み合せて設置することで、屋根のスペースに無駄なく設置することが出来ます。

三菱電機太陽光の特徴について

三菱太陽光の特徴としては、パワーコンディショナーの変換効率がいいという点があげられます。電力変換効率98%を誇ります。(三菱電機ホームページ参照)これは、他のメーカーと比べても高い水準にあります。パワーコンディショナー変換効率が大切なの?と思うかもしれませんが、せっかく作った電力もロスが多ければそれだけ無駄になってしまいます。

太陽光パネルで発電された電力、そしてその直流を無駄なく交流に換えるのは太陽光発電にとってとても大切なことなのです。また、低い電圧でもパワーコンディショナーが動くので、曇りなどの日や天気の悪い日でも発電することが出来ます。そのため、他のメーカーと比べて年間を通して大きな差が生まれます。

三菱電機太陽光パネルのクチコミ

自宅に実際に三菱太陽光パネルを設置している人のクチコミでは、やはり作った電力を無駄なく変換したいので、パワーコンディショナーの変換効率の優れている三菱電機を選んだというのが多いです。
また、雨などの日などでもしっかりと発電してくれるのがありがたいという声もありました。

どうしても太陽光発電は天気に左右されてしまいますが、天気の悪い日でもやはりわずかでも発電させたいと考えている人が多いので、そういう人にはおすすめのメーカーです。