東芝で注目の太陽光パネルと言えば、やはりSPR-X21-345です。こちらは、公称最大出力が345Wでモジュール変換効率が21.2%で世界トップレベルに君臨している太陽光パネルです。こちらの希望小売価格は258,800円(税抜き)となっています。

また、SPR-253NX-WHT-Jも人気です。こちらは公称最大出力が253Wで、モジュール変換効率20.3%とこちらも変換効率のよい太陽光パネルです。こちらの希望小売価格は184,800円となっています。

やはり、他のメーカーと比べてもかなり変換効率のよい太陽光パネルなので、人気があります。もちろんその分、他のメーカーよりも価格は高めです。変換効率の良さを求めるなら、東芝の太陽光パネルがおすすめです。



東芝太陽光の特徴について

東芝太陽光パネルの特徴はやはり見た目、デザインの美しさです。また、東芝の特徴は保証の充実というのもあります。東芝の長期保証はモジュールが最大で25年。

機器では最大で15年の保証があります。(東芝ホームページ参照)長期保証が受けられるので、安心することが出来ます。また、モジュールの変換効率の良さも東芝の特徴です。外観や保証の充実、そしてモジュールの変換効率の良さを求めるのなら東芝がおすすめです。

東芝太陽光パネルのクチコミ

東芝太陽光パネルを実際に設置している人のクチコミで多いのがやはり見た目の美しさデザインに関するものです。太陽光パネルはしっかりと発電するということはもちろん大切ですが、それと同じように外観も大切です。

東芝のホームページでも紹介されているように、家に合うデザインを選ぶならやはり東芝の太陽光パネルが良いというクチコミが多いです。家は人生の中で長く付き合うものですので、やはり見た目にもこだわりたいという人は東芝の太陽光パネルを選ぶという人が多いです。

また、世界でもトップレベルのモジュールの変換効率の良さにひかれて設置したというクチコミもあります。やはり変換効率の良さは大切な要素です。