初期費用が高くて手が出せなかった、蓄電池が初期費用0円で入可能となる画期的なニュースをご紹介します。
定置型リチウムイオン蓄電池(容量5.53kW)
このサービスを提供するのは、2013年6月からオリックスとNEC、エプコが共同出資したONEエネルギーが全国向けにサービスを提供するそうです。
サービスの基本的な内容は、ONEエネルギーが家庭用の定置型リチウムイオン蓄電池(容量5.53kW)を10年契約でレンタルし、月額4900円(税別、東京都のみ2900円)をユーザーが支払うというものです。
ユーザーは蓄電池システムの初期導入費用を負担する必要がなく、即座に蓄電池のメリットが得られる。業務用のOA機器などではごく当たり前のように普及しているレンタルサービスだが、家庭用の大容量蓄電池に適用した例はほとんどなかった点が驚きです。
例) 
「4900円のレンタルサービスを10年間継続した時点で、約62万円の支払いとなりますが、同程度の容量の蓄電池を直接購入した場合の半額以下になるそうです。
PR