経済産業省・資源エネルギー庁は、東日本大震災の発生後から自家発電設備における余剰電力の売電可能性に関する調査を開始!!
自家発電設備日本国内で新たに自家発電設備を設置する場合、その種類や出力によって工事計画の事前届出などが必要とされているが、今回の新調査では、届出が義務づけら
れていない1000キロワット未満の自家発電設備における余剰電力の売電の可能性について検討するため、調査をしているそうだ。


東北地方太平洋沖地震の影響で、電力の需給が危機的な状況にあり、資源エネルギー庁では電力需給バラン
スの改善に向け全力を傾注しているそうだ。
自家発電設備の余剰電力の売電の可能性についても検討がされ、
発電出力1000キロワット未満の小規模な自家発電設備からの外部供給電力を、今後のエネルギー対策に積極活用していく可能性も示唆されている。
 電力の供給が断たれたとしても、安定した電力供給を継続できる自家発電設備です。
太陽光発電システムでも有効活用されている余剰電力の売電の仕組みが確立されれば、普及されるに違いない。

PR