中国が制定中の「十二・五(第12次5カ年計画)」の新エネルギーに関する計画によると、中国の太陽光発電の設備容量は2015年に1000万キロワット
に達し、発電価格は1キロワット時あたり0.8元(約9.6円)に下がり、その後に大規模化することが期待される。太陽光発電の大規模化に関するシンポジ
ウムで、中国国家エネルギー局新エネルギー・再生可能エネルギー司の梁志鵬副司長は、太陽光発電の大規模な発展は技術の進歩とコスト削減にかかっていると
語った。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 国家エネルギー局再生可能エネルギー処の董秀芳処長によると、国家エネルギー局が作成する『太陽光発電に関する十二・五計画』には、「十二・五」期間の
設備容量の目標を1000万キロワット、2020年までの目標を50ギガワットに大幅に引き上げることが明記される。この数字は、以前発表された
「2015年までに中国の太陽光発電の設備容量を5ギガワット以上にする」という目標の倍になる。

 


この1000万キロワットの内訳は大きく分けて次の3つからなる。まず約650万キロワットは、「十二・五」期間に青海、新疆、甘粛などの省・区に太陽
光発電の施設を作り、内モンゴル、寧夏、山西、チベットなどで大型プロジェクトを進める。300万キロワットは、中東部のエネルギー使用が集中している地
域を中心に分散型電源の太陽光発電プロジェクトを作る。残りの約50万キロワットは、主に辺境の電力不足の地域で使用するためのオフグリッド太陽光発電シ
ステムを作る。

 梁志鵬氏は、「中国の太陽光発電のコストは3年前の半分に下がった。1キロワット時あたり0.8元以下まで下がれば、太陽光発電は大規模に発展し、現在
の風力発電のようになるだろう」と述べた。土地代を考慮しなければ、中国の太陽光発電のコストはすでに1キロワット時あたり1元(約12円)まで下がって
おり、大規模化の目標である0.8元まであとわずかだ。