太陽光発電メーカーのパナソニックは、平成25年6月27日から受注を開始する住宅用太陽光発電システムHIT240α/245α、HITハーフタイプ120α」のモジュール出力保証期間を従来の10年から20年に延長するとこにした。パナソニック太陽光
設置利用者に、より長期にわたって安心して使ってもらえるよう、今回の新製品から延長したそうだ。

具体的には、太陽電池モジュールの出力が「JIS C8918の6.1(性能)」に示された公称最大出力に対し、0年で81%未満、20年で72%未満となった場合に保証する。

 太陽電池モジュールの出力保証とは、メーカーが一定期間にわたって出力性能を保証し、らかの理由により規定よりモジュールの発電性能が低下したときは、モジュールの修理や交換に応じるサービスのことになっている。

参照サイト
【プレスリリース】モジュール出力20年保証で安心感アップ

PR