2013年度の国内太陽電池市場は、世界トップの導入量に

日本は、2012年7月に施された固定価格買取制度の影響により太陽光発電市場が大幅に拡大しました。

それが2013年度になって、産業用は導入量ベースで前年比7.9倍となる5,500MWとなり、国内市場全体としては、7,050MWで世界トップの導入量となる見込みになりました。
つまり、日本が世界No1の太陽光市場となった訳です。
ソフトバンクの孫社長がすごいのか、アベノミクスがすごいのかはわかりませんが、国内産業としては嬉しいニュースであることには変わりありませんね。