政府検証委試算による太陽光発電設備の導入価格は2020年には5割低減
太陽光の費用は2020年には5割低減1月8日に行われた政府の「エネルギー・環境会議」のコスト等検証委員会は、太陽光発電の将来コストの見通しを示した。
同委員会では、住宅用太陽光発電システムの価格は、2020年に2010年比で約50%、2030年には同比で約60%安くなると試算した。


また、メガソーラー(大規模太陽光発電)の価格については、2020年に2010年比で約50%、2030年には同比で約55%程度安くなると試算している。