シャープが国内最高の太陽光パネルを完成
シャープ太陽電池で世界最高変換効率36.9%太陽光発電の国内王手のシャープは、太陽電池を3つの層に積み重ねた化合物3接合型太陽電池で、研究レベルにおける非集光太陽電池セルとして、世界最高となる変換効率36.9%を達成したと発表した。


NEDOの「革新的太陽光発電技術研究開発」の一環として取り組まれたもので、NEDOの本プロジェクトでは、新材料・新規構造等を利用して太陽光発電の「変換効率40%超」かつ「発電コストが汎用電力料金並み(7円/kWh)」達成のための探索研究を行い、2050年までの実用化を目指している。
NEDOは、本成果によって、この目標の達成が大きく促進され、高効率太陽電池の早期実用化が期待できるとしている。

化合物3接合型太陽電池は、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を3層重ね、各層で異なる波長の光を吸収させることで、太陽光を高い効率で電気エネルギーに変換する太陽電池。化合物太陽電池は、主に人工衛星に使用されている。