ヤマダ電機は、1キロワットあたり約40万円の販売価格を実現した同社オリジナルの太陽光発電システムの販売を開始した。

システムの内訳は、韓国のエス・エナジー製の最大公称出力240Wのソーラー・パネル「240PA8(モジュール変換効率15.1%)」ならびにオ
ムロン製のパワーコンディショナと電力モニタ、架台などを組み合わせたもの。標準工事費込みで1キロワットあたり約40万円を実現、国や自治体の補助金を
活用することで、実質的には1キロワットあたり30万円半ばでの導入が可能だとしている。

当面は、一般住宅向けの3.84kWシステム(標準工事費込みで153万円、1キロワットあたり39万8438円)とアパート向けの9.6kWシス
テム(同380万円、1キロワットあたり39万5833円)の2プランを中心に販売していく。ソーラー・パネルには、25年の長期出力保証を付け、システ
ム全体では10年保証を提供する。また、オプションとして長期安心アフター制度(日照補償10年、動産総合保険10年、工事補償・瑕疵10年、安心点検8
年)を用意している。

ヤマダ電機では、現在販売している家電メーカー製の高効率な太陽光発電システムに加え、今回の普及価格帯のオリジナル・システムを加えることで、グループ全体で2万セット以上の太陽光発電システム販売を目標としている。