2020年に太陽光発電導入コスト6分の1
管直人菅直人首相は5月22日、仏ドービル・サミット(主要国首脳会議)で、太陽光発電のコストを2020年に現在の3分の1に、30年に6分の1に低減させることを打ち出す。
太陽光発電の普及など再生可能なエネルギーの拡大に向けて技術開発を進める「サンライズ計画」を表明する意向を固めた。東京電力福島第1原発事故を受け、今後の日本のエネルギー政策の道筋を示すのが狙いだそうだ