本日、「住宅用太陽光発電導入支援対策補助事業」
報道発表がありました。

≪募集期間≫
平成22年12月27日(月)~ 平成23年3月31日(木)

≪補助金額≫ (平成22年度当初予算分による募集と同様)
対象システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力1kW当たり7万円

≪想定補助件数≫
66,000件程度

≪対象者≫ (平成22年度当初予算分による募集と同様)
住宅に対象システムを設置しようとする個人又は法人
※原則として、居住する方が電灯契約を結ぶことが条件です。

≪対象システム≫ (平成22年度当初予算分による募集と同様)
以下の要件を満たすことを条件とする
①太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること
(太陽電池の種別毎に基準値を設定)
②一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって
確保されていること
③公称最大出力が10kW未満で、かつシステム価格が
65万円(税抜)/kW以下であること
※要件についての詳細は別途定める実施細則及び技術仕様書に基づく
平成22年度住宅用太陽光発電導入支援対策補助事業
申込受付開始のお知らせと概要について

⇒詳細情報資料