ソーラーピット(ガレージタイプ・カーポートタイプ)の特徴

太陽光発電システムを自宅の屋根に取り付ける事に抵抗がある方

たとえば・・・屋根材にお金をかけている方。見栄えの問題等

そんな方に朗報です♪

 

garage_b_panel.gif

ソーラーピット(ガレージタイプ・カーポートタイプ)の特徴

カーポートタイプは3kW発電のソーラーパネルを搭載し、ガレージタイプは3.6kWのソーラーパネルを搭載しています。 3.6kWの発電容量は、当社の試算では年間発電量予測3,647kWh、CO2排出削減量はおおよそ1,147kg-CO2となり、日本の平均的な家庭から出る温室効果ガスを約21.4%削減することができます。

◆多彩なデザインを揃えました。

・ガレージタイプ:屋根の傾斜4.6度の方位対応4タイプ、3デザインのラインアップ。
・カーポートタイプ:屋根の傾斜2.9度の方位対応2タイプ、3デザインのラインアップ。
 
◆ライフスタイルや趣味嗜好で車を選ぶように、愛車を大切に保管するガレージ、カーポートも車や家のデザインに合わせたり、街並みへの配慮を大切にしたいと考えました。

◆軽量鉄骨の軸組構造に依る堅牢設計で、ソーラーパネルの荷重と長期間の使用に耐える強度を備えています。

◆搭載するソーラーパネルは、高変換効率を持つ多結晶セルを採用し、公称最大出力200Wpパネルです。

◆3.2mm高強度熱処理ガラスによりエネルギーの吸収を最大限に引き出し、破損や水の浸入を防止し、アルマイト加工を施したアルミフレームは耐食性、耐摩耗性に優れ、10年間の性能を保証します。

◆JETの認証を受けた、2010年度の太陽光発電補助金制度「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」に対応します。