太陽光発電システムメーカーの京セラの太陽光発電モニタが売電量の金額換算が可能!!

京セラ太陽光発電モニター.gif京セラは、2011年3月1日から住宅に設置した太陽光発電システムの発電状況などをグラフィック表示でわかりやすく確認できる発電モニタの新製品『エコノナビット』を開発した。
日本国内でも2009年11月から余剰電力の買取制度が導入され、売電に関心を持つ人が増えており、太陽光発電がどれだけ発電しているのかや、どれだけ売電しているのかを確認したいとのニーズが強まっている。

同社は住宅用太陽光発電モニタ「エコノナビット」を2003年6月に発売し、その後、2006年10月には機能を充実した「エコノナビットii」を発売した。今回機能の充実とシンプルなデザインの新製品を発売する。

新製品は発電電力や消費電力、売電電力の量をリアルタイムで確認できる。1日、1か月、1年と発電状況の把握も可能で、どれだけのCO2を削減したかもチェックできる。