再生可能エネルギー促進法とは太陽光発電や風力発電、地熱発電などで
自然エネルギー発電された再生可能エネルギーで発電された電力)を高額で買い取る制度のことです。

法律案の概要
再生可能エネルギー源を用いて発電された電気について、国が定める一定
の期間・価格で電気事業者が買い取ることを義務付けます。
また、買取に要した費用に充てるため各電気事業者がそれぞれの需要家に
対して使用電力量に比例した賦課金(サーチャージ)の支払を請求すること
を認めるとともに、地域間でサーチャージの負担に不均衡が生じないよう必
要な措置を講じるものです。