太陽光発電事業にアサヒビールが貢献
アサヒビール太陽光発電ビール飲料メーカーのアサヒビールは2011年秋のビールの売り上げの一部を県内の太陽光発電事業に寄付することを発表した。

これは2011年9月上旬から2011年10月下旬までに製造され県内で消費されたアサヒビールの主力商品『スーパードライ』の売り上げ1本につき1円がNPO法人環境ネットワークくまもとが行っているソーラーパネル設置の支援事業に充てられるというもの。


今回の支援についてアサヒビールではこれまでの4回のキャンペーンで約2315万円を県内の地下水保全活動に寄付してきましたが、一定の成果が得られたことや新エネルギーへの市民の関心が高まったためと説明しています。