シャープの見える化を住友林業が採用
シャープ太陽光発電みえる化
太陽光発電大手シャープは、太陽光発電システムとの連携で発電量や売電電力量に加え、家庭内で個別の家電機器の消費電力を一元的に「専用タブレット端末」で確認できる、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)「電力見える化システム」を開発した。


シャープ製太陽光発電システムと組み合わせて、主に住宅メーカー向けに製品化する予定で、第1弾として住友林業がこれを導入した新商品『スマートNAVI』を2011年9月5日から発売する。