太陽光発電所 自治体の誘致合戦本格化に
岩手県で太陽光発電施設メガソーラー岩手県では、大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の誘致の動きが活発化している。
2011年11月11日、メガソーラーの立地に適した土地の調査を行い、50箇所の候補地(総面積946.7ha)を公表した。


また、栃木県は、11月9日、すでに公表済みのメガソーラーの候補地に、5箇所を追加し、計51箇所(総面積472ha)とすると発表した。
一方、長野県は、10月28日にメガソーラー候補地として計9箇所(863ha)を公開しており、11月8日にはメガソーラーマッチング窓口の設置を発表している。