パナソニックは太陽電池工場をマレーシアに建設
panasonicsolar パナソニック太陽電池工場太陽光で国内3位のパナソニックが12年度中にマレーシアに約500億円を投じて太陽電池の新工場を建設することが18日分かった。急速な円高と価格下落に見舞われる中、コスト競争力を強化する狙い。
太陽電池の基幹部品「セル」から、本体の組み立てまでを一貫して手掛ける。パナソニックがセルを海外生産するのは初めて。


新工場はマレーシア北西部の工業団地に建設する。子会社の三洋電機が開発した、変換効率が世界最高水準の「HIT太陽電池」を量産する。セルの生産能力は年産30万キロワット。既存の国内2工場の生産能力(60万キロワット、11年度末見込み)と合わせて90万キロワットになる。12年度中に現在の3位からシャープ、京セラを抜いて、国内首位を目指す。さらに、15年度には世界3位を狙う。