ソフトバンクがメガソーラー設置、10数カ所以上で事前申請
ソフトバンクのメガソーラー太陽光発電のメガソーラーを建設を進めるソフトバンクと全国35道府県が協力して太陽光発電などの普及を目指す自然エネルギー協議会(会長・石井正弘岡山県知事)は21日、政府に対する自然エネルギー推進への緊急提言をまとめた。


同協議会は同日、都内で第2回総会を開催した。提言では、自然エネルギーの迅速な導入に向けて、工程表作成や電力全量買い取り制度の効果的な制度設計、送電網への接続義務の徹底、規制緩和の検討など6項目を盛り込んだ。また総会では35道府県の正会員に加えて、シャープ<6753.T>や京セラ<6971.T>など180社の準会員の入会を承認した。総会終了後には孫社長らが環境省、農林水産省など関連省庁を訪れ、提言書を提出した。