パナソニック電工、停電時に太陽光発電システムに連動した給電が可能な住宅用蓄電システムを発表
太陽光発電システムに連動した住宅用蓄電パナソニック電工
パナソニック電工の蓄電システムは、接続箱とパワーコンディショナの間に接続され、太陽光発電システムが通常運転を行っているとき(太陽光発電しているとき)に充電を行う。
停電時には、蓄電システムからの給電が開始され、昼夜を問わずパワーコンディショナの自立運転コンセントからの電力供給が可能になる。蓄電容量は0.96kWh、パワーコンディショナの自立運転コンセントから120Wの出力で最大3時間の稼働が可能。蓄電システムの充電状態の確認や操作は、専用リモコンで行える。