◇厚さわずか1.8マイクロメートル
世界最薄・最軽量の膜状の有機太陽電池を、東京大の染谷隆夫教授(電子工学)らとオーストリアのヨハネス・ケプラー大の共同研究チームが開発した。厚さは
1.8マイクロメートル(マイクロは100万分の1)で、髪の毛にも巻き付くほど薄くて軽い。宇宙空間で電力供給源としての利用や、医療用機器の電源への
応用が期待されるという。3日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)に発表した。

 


研究チームは、厚さ1.4マイクロメートルの極薄プラスチックフィルムの基板に、有機半導体を溶かしたインクを均一に塗って太陽電池を作った。東大によると、これまで世界最薄の太陽電池は厚さ25マイクロメートルで、約14分の1の薄さになった。

 電池1グラム(0.25平方メートル)当たりの発電量は10ワット。住宅の屋根などに設置されている従来の太陽電池と比較すると、重量当たりで最大25
倍の発電量がある。太陽エネルギーから電気への変換効率は4.2%と従来の10~20%よりは低いが、本体を折り曲げても電池は機能し、変換効率も低下し
ない。複雑な工程がなく、高価な機器も必要としないため低コストで作れることも特徴という。