パナソニックは表裏で同時発電する両面型太陽電池を国内初販売
パナソニック太陽光パネル panasonicパナソニックは2012年6月7日に、表と裏の両面で同時に発電できる太陽電池を国内の公共機関や企業向けに8月6日から発売すると発表した。

欧米で平成18年から販売しているが、日本での発売は初めて。7月から始まる再生可能エネルギーの固定価格買取制度で太陽電池の需要が拡大すると判断し、国内販売を決定した。


 現行の太陽電池は裏面に不透明なパネルがはられて発電できなかった。新製品は表面と同様に、裏面も強化ガラスで覆うことで光を受けて発電できるように仕上げた。希望小売価格は1枚18万9千円。年間販売目標は6千枚