太陽光発電で国内シェアNo1のシャープが「集光型」太陽電池セルで変換効率43.5%を達成した。
太陽光のシャープが世界最高の変換効率
今回の件は、NEDOの「革新的太陽光発電技術研究開発」プロジェクトの一環として開発に取り組んでいたもので、ドイツのフラウンホーファー太陽エネルギーシステム研究所において、その測定結果が確認されたという。