タカラレーベンは、蓄電池付の太陽光マンションを2棟竣工したと発表した。
総戸数175戸のマンション件は戸別の蓄電池と太陽光発電システムを導入した。
 同システムでは、非常時に限定して、蓄電池からの電力供給を行う。
停電すると、蓄電池からの電力供給に自動で切り替わる仕組みだ。4キロワット時の容量を持ち、
フル充電状態で家電を4~6時間程度、稼働できるという。
また、太陽光発電(戸当たり最大1.165キロワット)から蓄電池に直接充電することも可能だ。
一方、平常時に太陽光発電で得た電力は家電などに利用する。余剰電力は売電できる。