<事故>太陽光発電の設置住宅は大雪に注意!!
太陽光,屋根,落雪,寒波,事故

陽光発電パネルをつけた屋根から落ちた雪で、ケガをするなどのトラブルが増えているそうだ。
本格的な積雪シーズンを前に、国民生活センターは、注意を呼びかけている。全国の消費者センターにせられた太陽光パネルからの落雪による相談は、08年度には3件。だが、太陽光発電の普及にともなって年々増加。

11年度には63件に上り、12年度も11年度を上回るペースという。
国民生活センターによると、太陽光発電のパネルの多くはガラス製のため表面がツルツルで、が勢いよく落ちやすい。防災科学技術研究所が住宅模型で、太陽光パネルとトタン屋根での滑り具合を実験したところ、太陽光パネルはトタン屋根より約1・3倍、遠くまで雪が落ちると推計された。