シャープ、ベランダの手すりにも設置できるシースルー太陽電池を発売
シャープ手すり太陽光パネル.jpg
シャープは7月22日、開口率とモジュールサイズが異なるシースルー太陽電池モジュール5機種を発表した。薄膜太陽電池セルに細かなスリットを施すことで発電と採光を両立しており、ガラス建材として活用できるという。発売日は7月31日。
通風部分を設けたマンションの手すり用として開発された「NA-B07A/B」は、従来機(NA-B095AA)から30%小型化することで、耐静荷重性能(時間的に変化しない一定の荷重に耐えることができる性能)が約1.9倍向上し、これにより高層マンションへの設置も可能になったという。
また、建築業界で採用例の多い柱間1200mmピッチに対応するため、複数のモジュールを接続する配線やサッシの幅を考慮して幅1150mmで設計された「NA-B11A/B」は、カーテンウォール用や天井に設置するトップライト用途に最適だと同社では説明している。