2013年11月4日「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」の稼動開始
国内最大のメガソーラーが、鹿児島県鹿児島市七ツ島に完成しました。
使用された太陽光パネルは、世界的にも品質の高い京セラ製です。

鹿児島県に国内最大の京セラ製メガソーラーが稼動

メガソーラーの名称は「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」であり、
なんとその規模は70MW
メガソーラーの通常の規模は2~5MW程度なので、その規模がどれだけ大きいかが分かります。
■発電能力:太陽光発電システム70MW
※京セラ製高出力太陽電池モジュール(242W)を約29万枚設置
所在地 鹿児島県鹿児島市七ツ島2丁目
土地面積 約127万㎡(東京ドーム約27個分)
事業内容 太陽光発電による九州電力への電力供給
事業期間 発電所完成後、九州電力への電力供給開始から20年間
発電電力量 約78,800MWh/年(予測)
環境貢献 約25,000t/年のCO2削減に貢献できる見込み
着工日 2012年9月3日
竣工日 2013年10月31日
売電開始日 2013年11月1日
総投資額 約270億円