楽天は、楽天トラベルに加盟しているホテルや関連施設に、太陽光発電システムの提案を行う事を発表した。
楽天トラベル ホテル 太陽光 設置
運営会社は、日本エコシステム、ハンファQセルズジャパンと共同で太陽光発電事業の特別目的会社設立「RNHソーラー西日本合同会社(RNHソーラー)」を設立する。
関西に本店を置く関西アーバン銀リースが太陽光発電事業に必要な設備のリースを行い、日本エコシステムが設備の設置工事と運用・保守を、楽天がアセットマネジメントなどをそれぞれ行うそうだ。
また、楽天は国内大手損保会社と共同で「太陽光発電システム総合補償プラン」を新たに開発し、通常の損害保険と同様の補償に加えて、自然災害による売電収入低下のリスクを限定化した補償スキームを整備することで、本プロジェクト収益の安定性を向上させる。
参考記事