単管パイプで地上設置された太陽光パネルが無残な姿に!

2015年6月15日(月)に群馬県の伊勢崎市三和町で発生したトップにより
単管パイプで設置されていた太陽光パネルが、突風で飛ばされる被害が起こりました。
単管パイプだから突風で飛ばされたのかは不明ですが、本当に無残です。
太陽光の保険に入っているなら、現状復帰と売電ロスは保険でカバーできそうですが、
そここまで考えて太陽光パネルを設置している人はどれだけいるだろうか・・・
PR